顧問の部屋

顧問が日々熱心に制作している彫刻の作品をご紹介しています。

鹿を伴った寿老人

 寿老人(じゅろうじん)とは

 中国の伝説の中の人物だそうです。

 七福神の一人で長寿を授ける神様です。

 そして・・・

 周りの鹿は1000年以上生きている鹿で

 その鹿の肉を食べると2000年の長寿を得るのだとか・・・

 

 では、これより作品でーす。

 

  まずは一人から

f:id:noborukoumuten:20170524143421j:plain

 

  そして・・・鹿が1匹

f:id:noborukoumuten:20170524143552j:plain

  

  また1匹、1匹と増え

f:id:noborukoumuten:20170524143707j:plain

 

  寿老人が二人になり、

  チーム寿老人の出来上がりです。

f:id:noborukoumuten:20170524143841j:plain

 

大黒天と恵比寿天

今回は大黒天と恵比寿天です。

 

少し豆知識を。

恵比寿天は鯛と釣り竿を持っているので海を、

大黒天の持っている打ち出の小槌の槌は土で

米などを生み出す大地を意味しているのだそうです。

なので、大黒天と恵比寿天は対になっている事が

多いのだとか。

 

ちなみに恵比寿天は日本の神様ですが

大黒天はインドの神様なんだそうですよ。

 

では・・・作品どうぞ!

 

f:id:noborukoumuten:20170120170319j:plain

 大きな大黒天と恵比寿天

 30センチの定規で大きさがわかるかと思います。

 

f:id:noborukoumuten:20170120170507j:plain

 横から

 

f:id:noborukoumuten:20170120170632j:plain

 後ろから

 

f:id:noborukoumuten:20170120170731j:plain

 こちらは小さい大黒天と恵比寿天

f:id:noborukoumuten:20170120170837j:plain

 

 

天神様

学問の神様として広く知られる天神さま。
2人の孫の高校受験時に作成し、この天神さまは3体目。
天神さまのおかげでしょうか、孫たちは無事合格いたしました。
会長の出身地富山県内では今でも、長男が生まれた際に嫁の実家から天神飾りを贈り、
お正月に床の間で飾る風習があります。
詳しくは富山市民族民芸村のHPにありました
 
 

f:id:noborukoumuten:20160115101220j:plain

f:id:noborukoumuten:20160115104533j:plain

f:id:noborukoumuten:20160115104624j:plain

釈迦如来像

  次も大作です。

  今回は光背・台座も力を入れて作っています。

f:id:noborukoumuten:20150624112449j:plain

 

   仏像の本やDVD そして寺めぐり・・・と

  会長の木彫の世界も広がり深みを増します。

f:id:noborukoumuten:20150624103705j:plain

 

   台座等、仏像の知識のページを見つけました。

  会長の作品に間違いがあってもそこはご愛嬌でお許しを。

  http://www.butsuzou.com/chisiki/daiza.html

f:id:noborukoumuten:20150624103742j:plain

 

  回すのも重い・・・推定30kg

f:id:noborukoumuten:20150624103809j:plain

 

  何となく大きさがわかりますか?

f:id:noborukoumuten:20150624103838j:plain

f:id:noborukoumuten:20150624112449j:plain

 

子安弘法大師

小さい大黒様のあとは大きめの仏様を作りました。

 

f:id:noborukoumuten:20150608160546j:plain

これから出来上がったのが・・・・・・・・・・・・

 

f:id:noborukoumuten:20150608160741j:plain

1mの子安弘法大師様です。

 

f:id:noborukoumuten:20150608160752j:plain

マメに子供もたくさん作り、納得の仕上がりです。